スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blue

blue
Aug.2009


風邪をひいてしまいました。
…インフルエンザではないということで、ひと安心。
いただいているコメントへのお返事、少々時間を下さい。
スポンサーサイト

ふたり

イタリア大使館別荘記念公園の桟橋にいたお二人さん。
うしろ姿をいただきました。

ふたり
↑クリックで拡大します


こちらはひとり遠くを見つめていました。

ひとり
Aug.2009


あ、私もこの日はひとりでしたσ(^▽^

イタリア大使館別荘記念公園 (3)

別荘の内部は見学できます。
入場は無料ですが、協力金という名目で100円~のお願いがあります。

実際にイタリア大使館の別荘として使用されていたものを、栃木県が買い取り、
改修工事の後、10年ほど前から公開されているとのことです。

内部 2


外壁もそうですが、室内の天井や壁はスギの皮で装飾されています。
板張りとは違う、独特の雰囲気ですね。

写真左側のソファに座って、湖を見ながらのんびりしたりもできます。
お茶(冷たい麦茶と温かいほうじ茶)もサービスもあります(セルフですが)
周囲に自販機などないのでウレシイです(笑)

内部 1


「絵画など要らない」と思えるほど、
窓からの素晴らしい眺めは、ホントの贅沢のような気がします。

景色
↑クリックで拡大します
Aug.2009


…続きます

イタリア大使館別荘記念公園 (2)

少し遡って、イタリア大使館別荘記念公園へ至る道を。
歌ヶ浜の駐車場から、中禅寺湖を時計回りの方向に徒歩で15分ほどです。
私は写真を撮りつつ何度も立ち止まったので、EXIFを見たら20分少々かかっていました。

ここを右(ゲートがある方)へ行き、あとは道なりです。

起点


こんな木漏れ日がイイ感じの舗装路を歩きます。
多少起伏はあるけれど汗をかくほどではありません。

道


左側を見ると少々殺風景ですが、

左


右は木の葉の間から、湖面が見下ろせてキモチいいです。

右
↑クリックで拡大します
Aug.2009

イタリア大使館別荘記念公園

ここも好きな場所です。
ひんやりとした空気。窓の外は青い世界。

青
↑クリックで拡大します


イタリア大使館別荘記念公園
↑クリックで拡大します
Aug.2009


ここで(バッテリー残量を気にしながら)けっこう撮りました。
何回かに分けて貼ります。

湖畔

ということで、簡単な食事の後、いろは坂を上りここまでやってきました。
立木観音近くの歌ヶ浜駐車場にクルマをとめ外に出てみると…空気がキモチいい!

男体山(2484m)の山頂付近は雲がかかっています。

中禅寺湖 1
↑クリックで拡大します


トンボ


風はありました。でも少し霞がかかっている感じですね。

中禅寺湖 2
↑クリックで拡大します
Aug.2009


レンゲショウマ

レンゲショウマ (蓮華升麻) です。
駐車場に戻る途中で前を通った、日光美術館の花壇に咲いていました。

レンゲショウマ
日の丸~(^^;


背景の色は、美術館の外壁の色。この花のイメージにはちょっとキツいかもしれません。
マクロレンズも持ってくれば良かったかな?と少し後悔しました。
でもアレコレ欲張ると、重くて後悔するんですが。

蓮華升麻


おまけ。…キリギリスでしょうか?

キリギリス?


美術館エントランスにあったフクロウ(ミミズク?)と思われる彫刻。
赤トンボがとまっています。

石像
Aug.2009


復路

こちらからの続き、駐車場へ戻る道で撮った分です。

モミジ


門


?


コケ
Aug.2009


見返してみると、地味というか暗めの写真が多いですね。
別に落ち込んでいたわけではありませんが(^^;
※ 横向きの写真はクリックで拡大します

ツバメ

ツバメと遊んでツバメに遊ばれてきたときの写真を…

ツバメ


ホテイアオイを撮りに行ったけど、なんだかイマイチ (といいつつ、後で貼るかも…)。
帰ろうと思ったときに、さかんに飛び回っている2羽のツバメを発見。
…飛んでいるところも撮れるものだろうか?と思ったりして。

↓ほぼネタになりますが、飛行ツバメ初挑戦の報告です(笑)

+ Read More

習作 #10

ビー玉を撮りたくなったけど、ウチにはなかった。
でも冷蔵庫にラムネがあったので、飲みほしてから中のビー玉を狙って撮ってみた。

#10
Aug.2009


…あとでもう一回撮ろうかな?
でも、いろんなものが写りこむので要注意(笑)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。